镍铁合金

铬镍铁合金718导热系数

耐久性の向上と美しさを保つため、押出加工されたアルミ形材に表面処理を行います。表面に残った油分や自然酸化皮膜を除去し、アルミ形材を電解液に浸して電気化学的に酸化皮膜を作ります。この表面加工技術を「アルマイト」と言い、浸す時間や電力、溶液などを変えることで、さまざまな色や質感を施すことができます。

铬镍铁合金718导热系数

表面の色が変化したり腐食したりするのを防ぐため、押出されたアルミ製品には必ず表面処理を行います。さまざまな表面処理方法があるなかで、アルミニウムを硫酸などの溶液に浸し電解処理を施して皮膜を生成させる「アルマイト(陽極酸化皮膜)」と呼ばれる方法が一般的です。
アルミニウムは自然の状態でも薄い酸化皮膜に覆われていますが、アルマイト処理で人工的に酸化皮膜を厚くすることにより、美しさを保ち耐腐食性を高めます。

镀镍铁合金故障